トランクルームを横浜で借りるコツ

ココが重要!トランクルームを横浜で利用する際のポイント

トランクルームはとても便利なサービスですが、借りる際に気をつけたいポイントがいくつかあります。トランクルームが多い横浜を例にしてそのポイントを紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

トランクルームのサイズは大きめに考えておく

まず初めに紹介するポイントはトランクルームのサイズです。横浜エリアにはビル型のトランクルームもあり、選べるサイズが豊富で、レンタル料金も変化します。したがって、保管する荷物の量をしっかり計画して契約する必要があります。無駄に大きなサイズを選んだり、小さすぎてしまうと、のちのち契約し直すことにもなりかねません。
ここでポイントになるのは、荷物の個数と作業スペースです。荷物を置くのに必要な床面積だけでは不十分で、予備のスペースも考えなければなりません。つまり、自分自身が荷物を運び入れる最低限のスペースも計算に加えておく必要があるのです。これを忘れた場合、数個の荷物が余っったり、途中で運び入れ作業ができなくなってしまいます。

利用規約はしっかりと確認しておく

続いてのポイントは、各トランクルーム会社が設定している利用規約に関するポイントです。トランクルームは基本的に本人の使い方を優先してくれますが、最低限守らなければならないルールも存在します。持ち込み禁止や、トランクルーム内での作業規定はその代表例です。よくあるパターンとしてあげられるのは、ペットを持ち込んだり、DIT作業などで他のルームを利用している人に影響が出る行為などがあります。特に横浜エリアにも多いビル型のトランクルームは、床が絨毯であったり、室内空調もしっかり管理されているケースが多いです。そうなると、匂いや騒音の影響も大きくなり、あらゆる面で周囲への配慮が必要になります。契約する際は利用規約をしっかり確認し、マナーを守って正しく使用するようにして下さい。

コンテナタイプは地形も重要

横浜のように坂道が多いエリアは、トランクルーム周辺の道路環境もしっかり確認しておいて下さい。例えば、軽トラックでコンテナ型トランクルームがある場所まで運ぶと仮定します。その場合、敷地内にそのまま入れる場合は問題ありませんが、道路に駐車して、人力でコンテナまで運ばないといけないケースもあるのです。この際、大きな荷物を台車で運ぶ負担を考えなければなりません。坂道の傾斜は時として、運搬作業に大きな影響を与えます。コンテナタタイプのトランクルームを横浜で借りる場合はこのようなポイントも加味して選ぶことが大切なのです。
以上のように、利便性がとても高いトランクルームを契約する際には、これらのポイントに注意して契約するようにして下さい。

面倒な保証人は不要!24hお申込みが可能!それぞれの詳細をご覧いただけます。 各物件の最寄り駅やアクセスなど写真と共にご覧いただけます。 コンテナやトランクルームなど取扱い物件を一覧で掲載しています。 空き待ち予約登録の方法をわかりやすく掲載しています。 気になる契約後のお支払いについて、ご案内しています。 物置として近くで利用したい!という方はご希望のエリアを簡単クリック! トランクルームを横浜でお探しならマリンボックス